NEWS ニュース

秋田招待 オータムツアー第4戦(有料試合)/秋田ノーザンブレッツRFC戦

試合情報2020.11.2

対戦相手 秋田ノーザンブレッツRFC
対戦日時 2020年11月8日(日)13:00 KO
開場時刻 メイン12:00/バック12:20
競技場 あきぎんスタジアム
料金 500円
クリスタル会員:SWテントにて1名様半額優待入場
ファミリー会員:SWテントにて3名様半額優待入場
ユニフォーム 2nd(青)
その他 路上駐車、近隣施設への無断駐車をしないようよろしくお願いいたします。
45-29WIN
前半 後半 前半 後半
2 5 T 2 2
0 5 G 2 1
0 0 PT 0 0
0 0 PG 1 0
0 0 DG 0 0
10 35 小計 17 12

メンバー

秋田招待 オータムツアー第4戦(有料試合)/秋田ノーザンブレッツRFC戦

 

釜石シーウェイブスRFCメンバー表

 

秋田ノーザンブレッツRFCメンバー表

試合内容

冬の足音が聞こえてきそうなあきぎんスタジアムでの秋田ノーザンブレッツ(以下、秋田)戦。9月に秋田を釜石鵜住居復興スタジアムに迎え49-7と勝利している釜石でしたが、会場を秋田に移し、両チームのサポーターを前に行われた一戦は白熱したものになりました。

先制は釜石。開始5分に小野が左中間にトライ、15分にはラインアウトからモールで押し込んで立て続けにトライを奪いますがいずれもゴールは決まらず10-0で序盤は釜石がリードします。しかし釜石は不用意なパスをインターセプトされるなどミスも目立ちました。17分、釜石は自陣22mラインの内側で果敢にボールを回しますがインターセプトされ、そのまま中央にトライを許します。ゴールも決まって10-7と秋田が反撃を開始します。27分、ペナルティを得た秋田はここでPGを選択。これを決めて10-10の振り出しに戻しました。地元秋田出身の船木の好タックルもありましたが釜石は動きに精彩を欠きミスを重ねます。一層雨風が強くなり、互いのキックがタッチを割らないシーンも増えました。36分、秋田は釜石陣22m付近でチャンスを得るとボールつないで中央にトライ。ゴールも決まり10-17と秋田にリードを許して前半を終了しました。

後半は秋田のキックオフ。後半開始2分、地元秋田出身の下山が相手チームに負けない応援を受けて左中間にトライ。ゴールも決まって17-17と振り出しに戻します。しかし秋田も後半5分、しぶとくつないで左中間にトライ。ゴールも決まり、17-24と再びリードを許します。流れを変えたい釜石は後半12分、交代したばかりの金子が自らボールを持ち込んで左隅にトライ。ゴールも決まって24-24に追いつくと釜石に流れが傾きます。更なる選手交代でフレッシュな選手がポルソンの2トライを演出、ポルソン自らゴールも決めて38-24と突き放しにかかります。それでも動きがピリッとしない釜石は再三の不用意なパスでまたしても秋田にインターセプトを許し右隅にトライを献上。ゴールは決まりませんでしたが38-29と差を詰められてしまいます。終了間際、ボールを回してくる秋田から釜石がボールを奪ってダメ押しトライ。ゴールも決まり、最終スコアは45-29となりました。

釜石にとってはピリッとしない一戦でしたが、観戦に訪れた両チームのサポーターにとっては得点シーンが多くあり、見応えあるゲームだったのではないでしょうか。

コメント

船木海都選手(秋田工業出身)
秋田へ招待していただいた関係者の皆様、そして雨の中試合を見に足を運んで下さったファンの方々本当にありがとうございました。
チームとして攻守でFWとの連携が取れておらずミスが起きてしまっていました。ずっとチームとして課題に上げていることなのでシーズンに向けて修正していきます。
個人としてディフェンスエラーがなかったこととハンドリングエラーがなかったことはいいことだと思います。良かった点をこれからも継続し悪かった点はすぐに修正できるよう練習に取り組んでいきたいと思います。


下山輝選手(秋田工業出身)
いつも熱い応援ありがとうございます。また、コロナ禍の中試合ができたことに本当に感謝しています。
地元秋田での試合で、秋田県出身選手として頑張っている所を見て頂けた事に嬉しく思うと共に、自分自身釜石SWでラグビーが出来る事を誇りに思えた試合でした。
個人の課題は多く残った試合でしたが、チームが勝ち切れて本当に良かったです。これからも精進して頑張りますので、応援の程よろしくお願い致します!


木村優太選手
はじめに、この試合を開催して頂いた、大会運営スタッフの皆様、サポーター、ファンの皆様、そして秋田ノーザンブレッツの皆様、本当にありがとうございました。
今日の試合はアタック、ディフェンスともにミスやペナルティが多く苦しい場面が続きましたがその中でも勝てたことは良かったと思います。課題が多く残る試合でしたがチームとしても自分としても更にレベルアップできるようにしていきたいと思います。


佐々木絃選手
本日は応援ありがとうございました。
試合内容は個人的なプレーではまずまずなのかなと思います。しかしながらコミュニケーション不足、リロードのスピード、ディシプリンなどのチームの面ではまだまだ改善が必要だと思われました。
チームで基礎的な部分をもう一度見直し、堅いプレーで勝ち切れるよう修正していきたいと思います。引き続き応援をよろしくお願いします。


美﨑正次選手
いつも大変熱い応援ありがとうございます。
チームとしては、とりあえず勝つことが出来たのでよかったです。しかし、ミスが多く自ら相手に流れを渡す形にしてしまったことやコミュニケーションが少なかったこと等が課題です。
個人的には、復帰戦ということもあり、楽しみと不安がありました。後半からの出場でしたが、まずまずだったかなと思います。課題としては、コミュニケーションとワークレートをもっと上げなければいけないなと思いました。
これらの課題を修正し、次に繋げたいと思います。これからも大変熱い応援よろしくお願い致します。


牛窪心希選手
秋田ノーザンブレッツの皆さんご招待して頂きありがとうございました。
チームとしましては、なかなか自分達のやりたいラグビーが出来なくて80分間苦しいゲームになりました。
個人としましては、スクラムで相手をドミネート出来るよう日々努力します。
シーズンまで約2ヶ月、今回出た課題を修正して良い準備をしたいと思います。
これからも熱い応援宜しくお願いします!


試合後のロッカールームより

秋田さん、秋田サポーターのみなさん、ありがとうございました。
シーウェイブスサポーターのみなさん、ありがとうございました。
激しい雨と風が吹きつける中、たくさんの応援をありがとうございました。

秋田NB戦 試合後のロッカールームより